2012年10月アーカイブ

借入の注意点

初めて借入をご利用の際は、不安に思われる事があるでしょう。

借入の前に、以下の5点については必ず確認してください。

1.借入額と月々の返済可能額
2.返済期日
3.実質年利(借入利率)
4.遅延損害金利率
5.契約内容の確認

契約については専門用語など普段使わない言葉があります。分からないことは納得できるまで業者に繰返し確認することが大事です。

こんなときは

返済期限を超えてしまったとき

返済期日を過ぎてしまうと、借入とは別に発生する「遅延損害金」をという費用を支払うことになります。

この金額は以下の3点で決定されます。
1.借入額
2.遅れた日数
3.遅延損害金利率

例えば、借入額(元金)20万円で、遅延損害金利率20%、返済が10日遅れてしまった場合、
遅延損害金=20万円×0.2×10日÷365日=1,096円

 このお金をその月の返済額に上乗せして返済することになりますので、返済日に必ず返済するようにしましょう。

リボルビングシステムとは?

「もう少しお金を借りたい」と思ったときに、追加で借入ができることをリボルビングシステムと言います。

契約した借入限度額以内であれば、繰返しの借入が可能になりますので、ご利用ください。

借入の審査基準

借入の際には、お申し込みをされる方の個人情報を元に審査が行なわれます。この審査を通過できずにお金が借りられず困る方も多数いらっしゃいます。

審査の基準は消費者金融業者や銀行によって異なりますので、実際に申し込んでみなければ分からない部分もありますが、ここでは多数の方に適用される基準をご紹介いたします。

1.個人情報の確認をします。
過去にクレジットカードでの支払い遅滞などがないか確認します。いわゆるブラックリストという、銀行、クレジットカード会社、キャッシング会社などが共有している情報を参照して確認されます。

もし過去にローンを組んでその支払いが滞っていたり、クレジットカードの返済がされていなかったりした場合、ブラックリストに掲載されており、審査に通らないでしょう。

また、破産手続きなどの債務整理をされた場合もブラックリストに掲載されており、こちらも審査に通らないでしょう。

ただし、過去に支払いの遅延があった場合でも、その後支払っており数ヶ月経過していたりすると、審査に通る場合もあります。

2.属性スコアリング
職業、性別、年齢、収入、勤務先、勤続年数、家族構成などさまざまな指標でスコアがつけられます。あまりにもスコアが低い方は審査に通らないでしょう。

3.他社からの借り入れがある
他社から既に融資を受けている場合、審査に落ちる可能性があります。

借入の手順

初めての方は、借入の手順が気になると思います。

お申し込みから現金を手にするまでの流れをここでご紹介いたします。

1.お申し込み
2.ご審査
3.ご契約
4.お借り入れ

1.お申し込み
お申し込みは、パソコン、ケータイ、スマートフォンから簡単にできます。インターネットでのお申し込みですと、24時間365日いつでも受け付けております。ですので、人と会いたくないとお考えの方でも安心です。プライバシーが守られます。

2.ご審査
お申し込みの後、すぐに借入可能かどうかの審査が始まります。

お仕事をされていて、初めてキャッシングをご利用になる場合は、ほぼ問題なく審査は通過します。安定した収入があれば問題ありません。

審査に通過すると、融資が可能であることと、限度額についての連絡がきます。

3.ご契約
本契約の方法として、インターネット、自動契約機、店頭窓口、郵送があります。本人確認書類が必要です。インターネットをご利用の場合、画像をメールに添付することで確認されます。

4.お借り入れ
本契約が済みますと、現金がご自分の口座に振り込まれます。

簡単にいつでもどこでもお申し込みからお借り入れまでできるので、気軽に便利にご利用ください。

お急ぎで借入したい方に

さまざまな理由で、現金がすぐに必要となることがあります。

そこで、「プロミス」からの借入をおすすめします。

こちらは融資までの時間的な負担を最小限にしたい方にはかなりおすすめの金融機関です。

お申し込みをされたその日に融資を受ける事が可能だからです。

一定の収入があれば融資を受ける事ができるようになっているためです。

電話でもお申し込みができますし、インターネットでならすべての手続きができます。必要書類は画像をメールに添付して送るだけで確認が完了となります。

このように、作業の手間を最小限に抑えることで、確実に即日融資ができるようなシステムが整っています。

また、返済シミュレーションもできるようになっていますので、毎月の負担額を正確に把握でき、安心してご利用いただけます。

女性には「プロミスレディース」をおすすめいたします。

女性が安心して借入できるよう、女性専用ダイアルがあります。新規お申し込みの方を対象に、ポイントサービスをお申し込みになると30日間の無利息キャンペーンが適用されるという、とてもお得なローンとなっています。オペレーターも女性ですので、お気軽にお問い合わせできます。

借入の基礎知識

借入には様々な種類がありますが、「気軽に借入するなら消費者金融系」がおすすめです。

また、「低金利と高額融資を望むなら銀行系カードローン」をおすすめします。

「消費者金融系」は、即日融資が可能です。
申し込みを行なった日に融資してくれるローン、およびキャッシングのことです。最低限の審査しか行なわないので融資までの時間が短縮されます。

デメリットとしては、最低限の審査しか行なわないために、リスクに応じた金利を上乗せされます。

即日融資は金利が高くつくと覚えておきましょう。それでも即日現金が手に入ることは魅力です。

「銀行系カードローン」
「消費者金融系」に比べると、金利も低く、安心して利用する事ができます。ですが、年収等によって借りられる限度額に制限があったり、銀行によっては審査がかなり厳しい場合があります。

ただ、個人向けでも高額の限度額を提示しているところもあります。審査が厳しいため、現金が手に入るまでにはかなり時間がかかることもありますが、金利が低い事はかなりの魅力です。

ご自分の状況に応じて、「消費者金融系」か「銀行系カードローン」を選ぶようにしましょう。

借入は計画的に行なえば、とても便利に利用できます。

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja